やまだ、です。

ナウでヤングなテストちゅう
マーケティングとITのトレンドをクリッピング


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
インテル、コンピュータ制御可能な素材を研究--IDFで発表
CNET Japan
微小なロボットをいくつも組み合わせてコーヒーカップや模型のトラックを作ることは可能だろうか?Intelはそんな実験的プロジェクトを開始した。
ピッツバーグにあるIntelの研究所は、サンフランシスコで開催された「Intel Developer Forum(IDF)」で、カーネギーメロン大学(CMU)と提携して開発中の「Dynamic Physical Rendering」というテクノロジのコンセプトを発表した。最終的な目標は、自ら形を変える素材だ。
適切な電圧をかけ、ソフトウェアを与えると、平面状の素材が自動車の立体模型に形を変える。与えるパラメータを変えれば、今度は立方体に変形する。Dynamic Physical Renderingは、CMUのSeth Goldstein準教授が率いる「Claytronics」プロジェクトから構想が生まれた技術だ。
Intel側でこのプロジェクトの指揮をとるのは、Jason Campbell氏とBabu Pillai氏だ。「CADプログラムで描いた3Dモデルを眺めるのではなく、机の上に実物模型が姿を現すわけだ」とPillai氏は語る。「そして、ソフトウェアの制御によって模型の形を変えられる」
その仕組みはこうだ。まず、使用する素材はつながった1つの材料ではなく、膨大な数のシリコンの球体が集まったもので、球体の表面には、電磁石か静電気を利用するアクチュエータが配置されている。アクチュエータごとにかける電荷を変えると、球体同士が引き寄せ合ったり反発し合ったりする。球体が協調して移動することによって、素材全体がある特定の形をとる。
コンピュータで制御可能な素材は、まだ存在していない。しかしIntelは、素材を構成するコンポーネントのプロトタイプをいくつか製作している。たとえば、シリコンを多くの腕が突き出た星形に切り取ると、材料に働く応力によって球状になる。Intelはこの方法で直径1mmのシリコン球体を作った。
研究グループは、少数のアクチュエータでコンポーネントを動かす実験も行った。あるデモンストレーションでは、周囲に電磁石を並べた2つの円筒形のコンポーネントが、互いにくっついたり離れたりしながら平面上を進んでいった。コンポーネント自体が移動のための機構を持っているわけではない。
Pillai氏によると、今のところ球体とアクチュエータを別々に作っているが、将来は、標準的な半導体製造プロセスを使って同時に製作できるかもしれないという。まず、シリコンウエハの表面にアクチュエータの入った層を置き、その上から球体を支える骨格となる材料をかぶせる。それから、シリコンウエハを星形に切り取る。応力が働いてシリコンが球状になると、アクチュエータの層が表面にくる。だんご虫の殻のような感じだ。
プロトタイプは、ハードウェア部分ならほぼ5年以内に用意できると、Pillai氏はみている。
しかし、それはまだ容易な部分だ。球体の動きを制御するソフトウェアを作るのは、はるかに難しい仕事になりそうだ。
「1000万個のボールを協調して動かすには、どんなプログラムを書けばいい?」と、Pillai氏は質問してきたが、もちろん答えを期待しているわけではない。「本質はつまり、ある制約の中で互いにぶつかり合いながら動く、多大な台数のロボットを制御するロボットシステムだ」
Pillai氏とCampbell氏は、1ステップごとの動きを前もって決める必要のないプログラムの開発が解決の糸口になると考えている。これを示すシミュレーションプログラムも公開された。デモンストレーションでは、光る点で表された4万個のロボットが画面上を動き回っていた。ロボットに与えられた指示は1つだけ--他のロボットとの間に隙間を作るなということだ。一方でコンピュータは、ロボットが動き回れる範囲を設定する。
シミュレーションでは、5つ並んだ四角形にグループ分けされたロボットが押し合いへし合いしながら移動し、数分後にはI-n-t-e-lというロゴを形作り始めた。
この課題が解決できたとしても、次は3次元空間の中で球体を協調して動かすという問題を克服しなければならない。
| yamadacomma | Technology | 22:18 | comments(0) | trackbacks(2) |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
ホンダ、ドライバーの視界を助けるチップに投資
CNET Japan
本田技研工業は3年間にわたり、米国の新興企業Canestaにひそかに500万ドルを投じてきた。同社はコンピュータによる3D空間の認識力を助けるチップを専門にしている。同社の製品のうち、最も有名なのはバーチャルキーボードである。レーザー光線で投射されたバーチャルキーボードをタイプすると、その指の動きはキーストロークとして読み取られる。
本田技研工業は、Canestaのチップにより、駐車している自動車や歩行者との距離がどの程度かをドライバーに知らせるほか、同様に有益な情報を与えることができると考えている。自動車メーカー各社はまた、超音波や立体技術を使ってドライバーに対しその周辺環境についてさらなる情報を提供することを試験しているという。
「これにより比較的低コストのチップをベースとした3D『カメラ』が提供できる。カメラを1台搭載すれば、さまざまな応用方法が生まれるだろう」と声明の中で述べた。
おそらくチップは、車体か運転席に組み込まれるであろう。
本田技研工業はまだ、同技術がテストと設計の段階にあるが、搭載予定の車種を選定したと述べる。
「最初は認識速度をあまり必要としない応用方法に注力する。エアバッグ展開のための着座センサーといった機能である」
Canestaの製品は、光源、パターンプロジェクタ、そしてセンサーにより構成される。光源とパターンプロジェクタは、連続的に光線を信号として照射する。信号は物体に反射することでセンサーに戻ってくる。その反射した信号のタイミングからセンサーは3D画像を作りだし、それがプロセッサに送り込まれる。
チップが巡回する領域に何かが入り込むと、信号の反射パターンが変わり、それにより3D画像が変化する。ソフトウェアは大量のデータを人間が理解できる情報または画像に変換する。
現在検討されているアイデアの中には、道路上の障害物をドライバーに警告したり、ドライバーの死角に疾走する車がいるときに車線変更するのを防止したりする機器やシステムを自動車に設置しようとするものがある。
| yamadacomma | Technology | 19:30 | comments(0) | trackbacks(2) |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
ロボットカー開発者に聞く--人工知能と消費者向けロボットの未来
CNET Japan
2005年秋、Sebastian Thrun氏は、米国国防総省の国防高等研究事業局(DARPA)が主催した「DARPA Grand Challenge」で、「Stanford University Racing Team」を優勝に導いた。Thrun氏に人工知能と消費者向けロボットの未来について話を聞いた。
--家庭用のロボットが実現するためには、人工知能分野ではどういう技術進歩が必要になりますか。
認識の確実性と、環境を理解すること、例えば家の中の環境の理解でしょうか。現在はまだロボットはキッチンに何があるかといったことを理解できませんし、例えば、人間の意図や食器洗い機の使い方も分かりません。認識の問題は大変大きく、人間が当然だと思っていることも、ロボットにとっては非常に難しい問題です。この問題は、情景認識と呼ばれます。情景認識は画像を取り込み、その画像の中の異なる物体にラベルを付けるという処理です。これは4歳児でもできることですが、ロボットにはまだうまくできません。家の中の環境でものを動かそうと思ったら、まずその物体を認識しなくてはならないわけですから、これは大きな課題です。
もう一つ、まだできていないことを挙げるとすれば、物体操作の問題でしょう。ロボットのナビゲーションの分野は、大きな進歩を遂げています。例えばRoombaは平面に落ちているゴミを取るようにナビゲーションされているロボットです。しかし、ロボットの腕を使って何か面白いことをやるというようなものは出ていません。物体を動かすという研究分野は、現時点ではまだ生まれたての状態だと言っていいでしょう。この物体操作も、大きな人工知能分野の課題です。
--消費者用ロボットの分野で次に出てくる利用方法はなんでしょうか。
掃除の分野は確実に出てくるでしょう。掃除ロボットに、家の中でものを運び回るための腕を付けたいですね。パーティの後片付けをしてもらったりとかね。それから、家庭内で高齢者介護に利用されるロボットが出てくると思います。これにはいくつかの形が考えられます。ロボットは医療関係者が用いる機器になるだけかも知れませんし、家族や親戚がロボットを通じて高齢者とコミュニケーションをしたりするようになるかも知れません。
| yamadacomma | Technology | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
マイクロソフト、高性能な検索技術の開発研究成果を発表
CNET Japan
検索ランキングや検索精度に関する新技術開発に取り組むMicrosoftの研究者が、成果を発表した。
Microsoftの研究者グループが発表した2件の研究論文によると、特定のコンテンツの閲覧およびクリックスルーに関して、検索結果の妥当性を分析する同社の新たな技術は、検索ランキングに用いるアルゴリズムを向上させるものだという。
Microsoft ResearchのMining, Search and Navigation Groupに所属するEugene Agichtein氏は、「今日利用されている検索エンジンの大半は、コンテンツに対するユーザーの問い合わせとウェブページのリンク構造を照らし合わせて結果の一覧を表示するという、2方向のアプローチを用いている。われわれが開発に取り組んでいるのは、ここにユーザー自身を含める3方向のアプローチだ。こうした新たな技法によって、検索におけるエクスペリエンスが向上すると考えられる」と述べた。
シアトルで国際年次イベント「Association for Computing Machinery's Special Interest Group on Information Retrieval(ACM SIGIR 2006)」が開催されている。
発表された論文のうち、「ウェブ検索結果の優先度を予測するためのユーザーインタラクションモデル研究(Learning User Interaction Models for Predicting Web Search Results Preferences)」と題されたものは、最初の検索結果ページにおけるクリックスルー以降のユーザーの行動を追跡する新技術について解説している。
研究者らは、所定のページに複数のユーザーが「とどまっていた」合計時間や、ユーザーが各ページの閲覧に費やす平均時間から見て最も長い「滞在時間」を過ごしたウェブページ、ドメイン内で検索された単語を保有する率の高いページに対する閲覧時間といった要素を応用して、新たな技術を開発した。検索利用者によってクリックされた検索フレーズやドメイン名、ページタイトル、サマリーなどに共通する単語の割合に、研究者らは注目したという。
同じ研究者グループが発表したもう一方の論文では、検索アルゴリズムの改良にこうしたユーザー情報を利用する方法が論じられている。同研究者グループは、3000件におよぶ検索データと1200万件のユーザーインタラクション情報を分析した結果を用いて、同グループが開発した手法が、ウェブ検索ランキングアルゴリズムを31%向上させることを示した。
| yamadacomma | Technology | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
MS、開発中の「Photosynth」を披露--写真から3D画像を作成
CNET Japan
Microsoftが、写真集をナビゲーション可能な3D空間に変換する写真ブラウザを開発している。
Microsoft Live Labsとワシントン大学の作業グループの代表者らは、「SIGGRAPH 2006」で行われた同校の「Photo Tourism」システムに関する講演のなかで、「Photosynth」ブラウザを披露した。Microsoft Live Labsでは、Photo Tourismの技術をベースにPhotosynthブラウザを開発し、インターネットベースの個人向けサービスとして提供したいと考えている。
「Photosynthは、大量の写真を見て回れるウェブクライアントとしてリリースされる」、世界中の写真を集めた仮想世界を作り出すポテンシャルを秘めていると、述べている。
Photosynthには、Flickrのような写真共有サイトからも画像を取り込む機能が備わっている。Photosynthは読み込んだ写真を整理したうえで、位置情報や被写体の特徴、3次元点群データの類似パターン、類似パターンとの差異、写真アングルなどを計測するアルゴリズムを使いながら3Dコラージュを作成する。
「これまでの研究とは異なり、Photosynthでは画像レンダリング技術と検索技術が連携する。われわれが開発したシーン再現技術は、撮影に使われたカメラの位置や向き、焦点距離を自動計算する。ユーザーはフォトブラウザ機能を使って、再現されたシーンを閲覧することができる」
Photosynthは指定されたオブジェクトについて、最もスコアの高い写真を拡大表示する機能ももつ。写真のスコアは解像度や照明、アングルなどによって決まる。正面からの写真や、日中に撮影された写真の方が高いスコアを付与される。
またPhotosynthでは、景色の中を動き回ったり、被写体までの距離をのばしたりするなど、画像の中身をより詳細に見ることもできる。またコレクションの中から同じ被写体の画像を選び出すこともできる。画面の下部には、同じ被写体の画像のサムネイルが一覧表示される。
| yamadacomma | Technology | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
「透明人間は実現できる」――英科学者の理論
ITmedia News
薬を飲んだり、特別なマントを着て透明人間になるのは無理だろうが、そう遠くない将来に人間を透明にすることが可能になるかもしれない。7月31日に発表された研究論文にはそう記されている。
英スコットランドのセントアンドリュース大学の論理物理学者ウルフ・レオンハルト博士は、最も実現できそうな例は、Marvel Comicsの「ファンタスティック・フォー」に登場するスーパーヒーローの1人、インビジブル・ウーマンだと考えている。
「彼女はこのマンガで、フォースフィールドを使って自分の周りの光を操る。これは実際にできるかもしれない」と語った。「これは、技術者が将来実現するであろうことに最も近い」
不可視(透明)とは、物体あるいは人がそこにないと錯覚すること。レオンハルト氏は、石の周りを流れる水を例に説明した。水はあたかもそこに何もないかのように流れてきて、石の周りを回り、流れていく。
「水を光に置き換えると、光が人や物体を避けて通るために何もないように見えるだろう。その物体の後ろから、あたかも前に何もないかのように光が届いているように見えるだろう」
「New Journal of Physics」に掲載された研究論文で、レオンハルト氏は、不可視状態を作り出す理論上の装置の仕組みを説明している。これはScience誌に掲載された先の研究の追跡研究の論文だ。
「インビジブル・ウーマンは、自分の周りの空間を湾曲して、光を曲げている。これらの装置はその湾曲された空間を模倣するものだ」
この装置はまだ理論上のものだが、レオンハルト氏は、科学者らはメタマテリアル――透明化装置を作るのに使われる特異な特性を持った人工素材――で前進していると語る。
「メタマテリアルにおいては前進が見られる。この素材を使うと、最初の装置はおそらく、レーダー電波や携帯電話の電磁波を曲げるのに使われることになるだろう」
| yamadacomma | Technology | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
携帯電話で静脈認証 ユニバーサルロボット、世界初のソフト開発
CNET Japan
ロボット制御技術などを手がけるベンチャー、ユニバーサルロボットは、携帯電話のカメラで手首を撮影するだけで、静脈認証による本人確認ができるソフトウエアを開発した。専用装置を使わず静脈認証できる技術は世界初。携帯電話事業者やメーカーなどと組み、年内にもこのソフトを組み込んだ製品の開発を目指す。
静脈認証技術は銀行のATM(現金自動預払機)や入退室管理システムなどで利用が広がっているほか、装置単体でも販売されている。
しかし、いずれも多人数の認証をするシステムのうえ、腕を固定したりする必要があるため、大型の専用装置となっており、携帯電話端末向けのシステムはない。
今回開発したソフトは、従来と比べ認証精度は落とさずに、端末の持ち主1人だけを認証することでプログラムを簡素化。腕を固定せずに撮影しても認証できる3次元画像補正技術を新開発するなどして実用化した。
現行の携帯電話ではレンズに改良が必要なため、そのまま導入することは困難。当初は新たに発売される機種への導入となる見通しだが、今後ソフトの改良により、現行機種を含めた、どの携帯電話でも利用可能にしたい考えだ。
すでに指紋や顔による認証機能を搭載し、電子マネーなど一定の機能をロックする携帯電話は商品化されているが、指紋認証には拒否感を持つ人もいるほか、顔認証は精度が低いなどの課題があった。静脈認証であれば精度も高く、指紋のような拒否感も薄いとみられる。
静脈認証:3方式が実用化されている。富士通は「手のひら」を赤外線カメラで撮影する方式。日立製作所は「指」の中に光を透過させる。韓国テクスフィアは、ハンドルを握らせて「手の甲」を赤外線カメラでスキャンする。
| yamadacomma | Technology | 13:29 | comments(0) | trackbacks(1) |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
「セキュリティ機能を強化」--開発者が語るThunderbird 2.0の“実像”
CNET Japan
Thunderbirdに使われるスパムフィルタは「ベイジアンフィルタ」と呼ばれる技術を利用していますが、数学科の博士課程に籍を置く大学院生が、このベイジアンフィルタを研究しており、わたしたちは彼の協力を得ることができました。
フィッシング対策機能が改善されることになっています。現在の1.5から搭載されているものですが、1.5でのフィッシング対策機能の仕組みは、メールに表示されるURLと実際にアクセスするURLが違うことを指摘するという単純なものです。
2.0では、フィッシングに利用されるサイトのURLリストを利用するという仕組みを搭載します。ユーザーは、このURLリストをダウンロードして、メールに表示されるURLと比較することでフィッシングから身を守ることができます。この機能は、URLリストの提供元を変更するなどのカスタマイズが可能であり、また機能そのものを有効か無効かを選択することもできます。
| yamadacomma | Technology | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
世界最小,UWBで通信するアクティブ型無線ICタグ登場
ITpro
YRPユビキタス・ネットワーキング研究所と日立製作所 中央研究所は,通信方式にUWB(Ultra Wide Band)を採用した無線ICタグ「UWB Dice(仮称)」を公開した。
UWB Diceは電池を内蔵するアクティブ型のICタグ。2タイプ用意し,一つは,本体サイズを1cm角の立方体に収め,温度センサーを搭載した小型の製品。外部にセンサーを接続できる。もう一つは,温度や加速度などのセンサーを用途に合わせて本体に搭載できる,ひとまわり大きな製品である。
通信方式にUWBを採用することで,低消費電力や高速通信など,ICタグとして使いやすい機能を実現したという。
まず,電池寿命を長くした。UWB Diceはボタン型電池で稼働する。5分に1回電波を送信する間欠動作で,電池の寿命は9年以上という。従来の微弱電波(315MHz帯)を使うDiceの電池寿命は,同じ動作条件で約2年だった。
通信速度もアップした。通信速度は30メートル電波を飛ばす場合で最大250kbps,10メートル飛ばす場合で最大10Mbps。従来のDiceの通信速度は最大100kbps程度だった。
今回のUWB Diceは位置を特定することが可能だ。測位精度は30cm。測位方式は基地局への信号到達時間差を使うTDOA方式を使う。
YRPユビキタス・ネットワーキング研究所と日立はUWB Diceを使った薬品保管庫のデモを見せた。Diceを付けた医薬品を間違った場所に置くと,基地局(受信機)が感知し警告を出す。基地局から同時に識別できるDiceの数は約1000個。
UWBは米国で軍事技術として開発されたもので,高速にデータを送受信できる,ノイズに強いという特徴を持つ。
製品化した際の価格は,「量産する個数にもよるが,数百円から高くても数千円程度で出せるだろう」という。今回発表したDiceは電波を送信するだけだが,来年の夏頃には,電波を受信して各種の処理が可能な製品を発表する計画である。
| yamadacomma | Technology | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
セイコーエプソン、A6サイズQXGAの電子ペーパーを開発
CNET Japan
セイコーエプソンは、プラスチック基板を用いたA6サイズの電子ペーパーの開発に成功したことを発表した。
この電子ペーパーは7.1インチ対角、Quad-XGA(1536×2048画素)の解像度をもつ。この解像度は、独自開発の回路基板転写技術である「SUFTLA」を用いて低温ポリシリコンTFTをプラスチック基板上に形成することで実現された。
周辺駆動回路も低温ポリシリコンTFTで形成し、外部端子の少ないシンプルな構造にすることで狭額縁のフレキシブルなディスプレイになっている。
また、高コントラストな表示によって印刷時と同等レベルの視認性も実現している。表示方式は電気泳動方式だ。消費電力は、情報書き換え時の最大駆動電圧が6Vと低電圧駆動。電源を切っても表示は消えないメモリー性を持ち、表示維持には電力が不要だ。従来の電子ペーパーは2インチ程度のサイズだったが、7.1インチ対角まで拡大できたことで、さらなる大型化の可能性を実証したとしている。
| yamadacomma | Technology | 22:07 | comments(0) | trackbacks(1) |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |


 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
次世代広告テクノロジー
次世代広告テクノロジー (JUGEMレビュー »)
織田 浩一,高広 伯彦,須田 伸
民主化するイノベーションの時代
民主化するイノベーションの時代 (JUGEMレビュー »)
エリック・フォン・ヒッペル, サイコム・インターナショナル
プロダクトストラテジー~最強最速の製品戦略
プロダクトストラテジー~最強最速の製品戦略 (JUGEMレビュー »)
マイケル・E・マクグラス, 菅 正雄, 伊藤 武志


View "gVisit" map

blog seo tool : track word
blog SEO tool



このページの先頭へ