やまだ、です。

ナウでヤングなテストちゅう
マーケティングとITのトレンドをクリッピング


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
サイト上でSecond Lifeのアイテム購入と販売が可能なサービスが登場
CNET Japan
インシエメは、仮想世界「Second Life」で生成されるアイテム情報の検索・登録サイト「SLITEM.JP」において、アイテムをSecond Lifeの通貨で決済し、自動的にSecond Life内のアバターへ送付するサービスを開始した。
SLITEM.JPは、Second Life内で自分の作成した洋服・土地・建物・家具などのアイテム情報の紹介や、登録されたアイテムをSecond Life内の通貨である「リンデン・ドル」を使用して取得することができるアイテムモール。無料で利用できる。
従来のサービスでは、アイテムを購入する場合、アイテムを選択後、テレポートボタンを押し、Second Lifeにログインしてから、店を探して購入する、といった手順を踏まなければならなかった。今回の新サービスでは、新規登録の際にSecond Lifeと関連付けることで、サイト上でリンデン・ドルのやりとりが行えるようになり、複雑な手順を踏むことなく買い物ができるようになったという。
SLITEM.JPで商品を選択後、購入ボタンを押すと、リンデン・ドルで決済され、購入した商品が自動的にSecond Life内のアバターへ送られる。売りたいアイテムを登録する場合も、Second Life上で、SLITEM.JPから送ったボード(SLITEM Vender Kit)を貼り付け、価格を設定すれば、SLITEM.JPに自動的に登録される。コピーや改造、転売の可否などの詳細情報も設定できる。
また、新サービス開始に伴い、同社のSecond Life内店舗「SLITEM-shop(megro)」において、アイテム販売ブースを合計47ブース用意し、アイテムの出展希望者へ無料で貸し出すとしている。
| yamadacomma | Product & Service | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
日本版Second Lifeとなるか?--オープンな国産仮想世界「splume」が登場
CNET Japan
スプリュームは、3Dアバターを使った仮想世界「splume」のベータサービスを開始した。Second Lifeなどの他社サービスと異なり、ユーザーが自分のウェブサーバ上に空間を開設し、他のユーザーの空間とつながれる点が特徴だ。
「HUB」と呼ばれる3Dアバターを使って空間を移動したり、他のユーザーと会話をしたりできる。アバターは複数の種類が用意され、洋服の着せ替えなどによるカスタマイズが可能だ。
このほか、ユーザーは既存の3Dオーサリングツールを使ってアバターのパーツや自分の空間を作成できる。空間に置かれた家具などの素材は、ユーザー間で自由に取引することが可能だ。「既存のウェブサイトや決済システムと連携可能なため、課金も自由にできる」。空間のファイル形式は専用の「CR形式」にする必要があるが、VRML形式から変換するコンバータは無償で提供される。
ただし自分で作成したアバターのパーツをsplumeで利用するためには、スプリュームのサーバにアップロードし、同社の承認を得る必要がある。「データが重すぎるものや、著作権を侵害しているものがないようにするために、確認のステップを取っている」。パーツの販売についてもスプリュームに委託販売する形式をとり、スプリュームは一定の手数料を受け取る。決済はWebMoneyを利用する。
splumeの利用料金は無料。「CRブラウザ」と呼ばれる専用のブラウザを使ってアクセスする。
収益はアバターのパーツ販売のほか、企業からの3D空間の制作受託であげる考え。
| yamadacomma | Product & Service | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
SXSW報告〜Dodgeball vs. Twitter
TechCrunch Japanese
「South by Southwest 2007」カンファレンスで最もホットな話題を振りまいた2つのサービス、TwitterとDodgeball。
どちらもフレンドリストを作ってメッセージが流せるサービスだが、TwitterはIMやSMS、ウェブベースのクライアントを通して自分のステータスをアップデートできるのに対し、Dodgeballは現状SMSオンリーだ。いずれも外出先から大勢の友だちの意思疎通がコーディネイトできるよう独自のアプローチを提供している。一人にメッセージを送るとリストの全員に流れるので、自分が今どこにいて何を考えているのか、何でもみんなに告知できる。また、友だちからのアップデート情報もIMやSMS、ウェブ経由で受け取ることができる。
SXSWではTwitterの方が優勢だった。目立った理由のひとつにはTwitterがコンベンション会場のいたるところに大型LCDを設置してSXSWのメッセージを流したこともある。参加者のコメントが次々流れてくるのは、見ていてとても面白かった。 ただTwitterの場合、アピールする層は限られているような気がする。SXSWのようなイベントで見るとクールだけどもコンベンションや祭典のような舞台設定から一歩離れたら、使い道は限られてくるだろう。
要はステータスが自慢できるFacebookなのだ。いろんなルートでステータスが更新できるというだけで、結局はFacebookのサービスとやってることは同じ。Facebookと違うのは、やり取りを行う上で単数の「is」の前提がないことぐらいだろう。
Dodgeballの場合は、サービスはGoogleアカウントのブランケット経由で利用できるし、扱いはもっとシンプルだ。ステータスが更新できるのはSMSだけ。でも、これは現在位置がメインなのでこれで問題ナシだろう。 “@現在位置”のメッセージをDodgeballに送ると全リストに通達が回り、場所が分からない人は“現在位置?”とクエリーを送るとアドレスが送られてくる仕組み。
Dodgeballではさらに、友だちの友だち(friend-of-a-friend=FOAF)まで同じコンタクト状態を広げることができる。
個人的にはこの分野でベストなプレーヤーは今のところDodgeballだと思うが、Facebookの存在も無視できない。これら2サービスに比べユーザー層が遥かに大きいので、あまりややこしいことになる前に適当な機能を導入し、市場を独占してしまうことも考えられそうだ。
Dodgeball とTwitterは都市部の住民にとっては面白いサービスだ。
| yamadacomma | Product & Service | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
「検索にPCは不要」--ビットレイティングス、PCサイトのモバイル検索サービスを開始
CNET Japan
ビットレイティングスは、携帯電話からPC向けサイトの検索、閲覧が可能となるサービスを開始した。同社のモバイル検索ポータルサイト「F★ROUTE(エフルート)」の新機能として提供する。
これまでF★ROUTEでは携帯電話向けの公式サイト、および一般サイトしか検索できなかったが、新たにPC向けのウェブサイトを検索、表示できるようにした。
PCサイトの表示にはオープンソースソフトウェアの「PC2M Website Transcoder for Mobile Clients」に独自カスタマイズを加えたものを利用している。なお、同様の機能を提供するサービスとしてはYahoo!モバイルやGoogleモバイルがある。
F★ROUTE内に設置された検索窓に検索キーワードを入力すると、「PCページ情報」というカテゴリの中にPCサイトの検索結果が表示される。同一ページ上にはモバイルサイトの検索結果も表示されるため、「モバイルネットユーザーはフルブラウザ機能を使用せず、また端末を意識することなく利用できる」と説明している。
| yamadacomma | Product & Service | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
KikoメンバーがリアリティTVスターとして復活
TechCrunch Japanese
カレンダーサービス企業Kikoのメンバーが今回、新たにスタートアップ企業を立ち上げる。新しくて風変わりなライブブログをサポートするサービスJustin.TV
Justin.TVは、同社ファウンダーの一人、Justin Kanの朝から晩まで毎日の暮らしをウェブカメラを通じて記録することがその全てとなっている。その他のショーとは異なり、Justinは自宅に缶づめ状態になることもない。その代わり、ヘッドカメラ、電池、それにEVDOカード4枚で「武装」し、自由気ままに外出、動画をモバイルネットワークと自身のライブflashコンテンツ配信プラットフォームにストリーミングする。
サイト上では、Justinが見聞きすることをチェックできるライブフィードが見られ、チャット、コール、テキストメッセージなどの方法で彼とコミュニケーションを取ることもできる。また、この先数日間のJustinのプランを表示、TVガイドとしての役割を果たすカレンダーもある。撮影内容にはある程度制限がある。バスルーム内は撮影対象外だし、「撮影されたくない」という他の人たちの意思はできるだけ尊重する。
Justin.TVは、コンテンツが面白いかどうかに成否がかかっている。モバイルであるということで内容が少しは刺激のあるものになるかもしれないが、Web業界でのアントレプレナーの暮らしというのは「24」のように波瀾万丈というにはほど遠い。このような課題の解消策の一つとしてJustinは毎日のスケジュールをなるべく興味深いものにし、米国東海岸時間帯に生活のリズムを合わせるなどしている。しかし、これに加えてコンテンツの中から最も面白いものをアーカイプ、特集することも予定している。アーカイブは個人ブログの形式を採用。その中には、Justinの選んだ動画、それに毎日の暮らしの様子をそのままに記録した編集前のアーカイブが含まれユーザーはその一部を選択、マッシュアップに利用可能だ。
プロジェクトの長期における目標は、その他のライブ・ブロガー達をリクルートするため、経済的なライブモバイル動画プラットフォームを制作すること。あるミュージシャンたちを追跡報道することも計画している。
| yamadacomma | Product & Service | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
AdobeのApollo、ローンチ―さあ、何か作ってみよう
TechCrunch Japanese
Adobeは、Apolloプラットフォームの開発者への提供を開始したと発表した。ソフトウェア・デベロパーズ・キットはadobe.com/go/apolloからダウンロードできる。SDKについてはこれが最初の公式リリースになる。
われわれがこの頃Apolloに心酔しているのに気付いていることと思う。私はまったく新しいジャンルの企業が数多くApolloプラットフォームの上に築かれるだろうと確信している。ApolloはFlash、html、javascriptを完全にブラウザの外で処理し、ローカルPCのファイルシステムにアクセスすることができる。写真、音楽、メール、その他日常のタスクをすべて同一の環境で、かつデスクトップとインターネットの双方にわたって同時に処理できるというのはたいへん合理的だ。近いうちに、このプラットフォームの利用に関して、大いに創造性が発揮されるのが見られるだろう。
| yamadacomma | Product & Service | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
GotVoiceでボイスメールを管理
TechCrunch Japanese
Gotvoiceの目的はユーザーのボイスメールのインボックスをクリーンアップすることで、これには十分成功している。GotVoiceはよりクールになったインタフェースと一連の新しい機能を備えてリニューアルされた。
従来のGotVoiceはパスワードなどユーザーのボイスメール管理情報を得て、着信したボイスメールを自動的にMP3ファイルに変換してくれるという単純なサービスだった。GotVoiceは変換したボイスメールをユーザーごとの受信箱に保存し、MP3ファイルへのリンクをユーザーにメールで送る。これによってユーザーはボイスメールの管理を電話からパソコン上に移すことができた。
今回リリースされた新しい機能はこの基本サービスをさらに数歩先に進めたものだ。ユーザーはボイスメールをGotVoice上のFlashを利用したレコーダーを使って(または電話から)録音できる。録音されたメールはユーザーの連絡先リストに載っている相手に送ることができる。これでメッセージに返事をするにも、新しいメッセージを1人、あるいは何人かのグループに対して送信するのにもたいへん便利になった。
もうひとつの便利な機能は、そもそもGotvoiceはユーザーから電話サービスにアクセスできる管理権限を与えられているわけだから、ボイスメールの挨拶音声を変更するのに使えるようになった。今回GotVoiceが提供するのはユーザーがアップロードするMP3ファイルとユーザーの音声をミックスするツールだ。ユーザーが新しい挨拶を編集すると、GotVoiceはそれを所定のボイスメールの挨拶音声として登録する。
いちばんクールな機能を紹介する。GotVoiceでは、携帯電話のブラウザからアクセスできるボイスメールの受信箱のページをWAP (Wireless Application Protocol)の骨格の上に作成、提供するという。その結果ビジュアルなボイスメールサービスが可能になった。iPnoneがローンチされて独自のボイスメールをはじめるようになれば人気爆発すること疑いなしのサービスだ。このページはブラウザからアクセス可能で、GotVoiceは米国の携帯通信事業者と直接に提携できないか探っている。
GotVoiceサービスには無料版とプレミアム (9.95ドル/月)版がある。
| yamadacomma | Product & Service | 12:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
Jive、IMソフト「Openfire」にVoIP通話機能を追加へ
CNET Japan
Jive Softwareは今後1カ月以内に、同社のインスタントメッセージング(IM)ソフトウェア「Openfire」(旧:Wildfire)にVoIP(Voice over IP)通話機能を追加することを予定している。
新たに追加される音声機能により、ユーザーは、PCを介して会話しながら画面を共有したり、オンライン掲示板スレッドに参加したり、インスタントメッセージを送信できるという。その際に、PCのヘッドセットマイクやVoIP電話の利用が可能だ。
この音声ソフトウェアは、GoogleのIMソフトウェア「Google Talk」に使用されている「Jingle」プロトコルを実装している。
Jive Softwareは、Openfireのオープンソース版を無料で提供している。また、より高性能な企業版を1ユーザー当たり年間15ドルで販売している。
Openfireは将来、SkypeやMicrosoftの製品と競合することになると予想する。Microsoftは今週、Tellme Networksの買収という形で、音声ソフトウェアへの莫大な投資を行った。
Jiveは、ソフトウェアのソースコードを公開することにより、競合他社との差別化を図っている。
| yamadacomma | Product & Service | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
Streakrはソーシャルネットワークを裸にするSNS検索エンジン
TechCrunch Japanese
最近新しいソーシャルネットワークとSNSの横断的検索エンジンを提供するStreakrというサイトを発見した。新しい検索エンジンはすでに稼動しており、それ自身に加えて大手SNS(MySpace、Hi5、Bebo、Facebook) 内のユーザープロフィールページを検索する。この検索エンジンは本体のSNSにユーザーを引き付けるためのプロモーションとして提供されているらしい。ユーザープロフィールの管理ツールProfileLinkerにも検索エンジンの機能がある。
StreakrのSNSはカッコいい若者向けDeliciousといったところだが、Trigほど派手なアプローチではない。プロフィールページ、ツールバー、いろいろなカテゴリー別にリンクを辿って新しいサイトやページを発見する機能などが揃っている。
ユーザープロフィールページはMySpaceにそっくりだ。例のとおり、about meや写真があり、ユーザーの気をそそるようなレイアウトになっている。しかしMySpaceならブログとコメント欄があるところにStreakrの場合はお気に入りのページへのリンクとそれに対する評価が表示される。ここに掲載されるリンクはマニュアルで入力してもいいが、Streakrが提供するツールバーを利用すれば簡単に追加と評価の投票ができる。ツールバーはまたメインのSNSサイトの機能にアクセスする際のインタフェースともなっている。現在はIE用のみで、作動には.NET frameworkが必要となり、ダウンロードしてインストールするのにえらい時間がかかる。
こうしたSNS専門の横断検索機能を提供するサイトは他にもいくつかある。
Winkはシンプルで作動が速い。
ProfileLinkerはいちばん広範囲に検索できる。
UpScoopは使いやすさではトップだ。このサービスを利用するためにはユーザーはメールアドレスとパスワードを登録しなければならない。
| yamadacomma | Product & Service | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
NTTコムウェアなどがSNSでのリアルタイムコミュニケーションをトライアル
CNET Japan
NTTスマートコネクト、NTTコムウェア、NTTマーケティング アクトの3社は共同で、SNS上でリアルタイムなコミュニケーションを実現する「リアルタイム・コラボ」のトライアルを実施、技術検証・ビジネス性の検討を行う。
リアルタイム・コラボはマーケティング アクトが運営するビジネス特化型SNSサイト「キャらリア」で実施。コムウェアが開発したリアルタイム分散処理型コミュニケーションソフトをSNSから起動すると、CDと同等の品質で最大8人まで会話やテキストによるチャットができるほか、デジカメ画像の共有などができるという。
| yamadacomma | Product & Service | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
次世代広告テクノロジー
次世代広告テクノロジー (JUGEMレビュー »)
織田 浩一,高広 伯彦,須田 伸
民主化するイノベーションの時代
民主化するイノベーションの時代 (JUGEMレビュー »)
エリック・フォン・ヒッペル, サイコム・インターナショナル
プロダクトストラテジー~最強最速の製品戦略
プロダクトストラテジー~最強最速の製品戦略 (JUGEMレビュー »)
マイケル・E・マクグラス, 菅 正雄, 伊藤 武志


View "gVisit" map

blog seo tool : track word
blog SEO tool



このページの先頭へ