やまだ、です。

ナウでヤングなテストちゅう
マーケティングとITのトレンドをクリッピング


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
「透明人間は実現できる」――英科学者の理論
ITmedia News
薬を飲んだり、特別なマントを着て透明人間になるのは無理だろうが、そう遠くない将来に人間を透明にすることが可能になるかもしれない。7月31日に発表された研究論文にはそう記されている。
英スコットランドのセントアンドリュース大学の論理物理学者ウルフ・レオンハルト博士は、最も実現できそうな例は、Marvel Comicsの「ファンタスティック・フォー」に登場するスーパーヒーローの1人、インビジブル・ウーマンだと考えている。
「彼女はこのマンガで、フォースフィールドを使って自分の周りの光を操る。これは実際にできるかもしれない」と語った。「これは、技術者が将来実現するであろうことに最も近い」
不可視(透明)とは、物体あるいは人がそこにないと錯覚すること。レオンハルト氏は、石の周りを流れる水を例に説明した。水はあたかもそこに何もないかのように流れてきて、石の周りを回り、流れていく。
「水を光に置き換えると、光が人や物体を避けて通るために何もないように見えるだろう。その物体の後ろから、あたかも前に何もないかのように光が届いているように見えるだろう」
「New Journal of Physics」に掲載された研究論文で、レオンハルト氏は、不可視状態を作り出す理論上の装置の仕組みを説明している。これはScience誌に掲載された先の研究の追跡研究の論文だ。
「インビジブル・ウーマンは、自分の周りの空間を湾曲して、光を曲げている。これらの装置はその湾曲された空間を模倣するものだ」
この装置はまだ理論上のものだが、レオンハルト氏は、科学者らはメタマテリアル――透明化装置を作るのに使われる特異な特性を持った人工素材――で前進していると語る。
「メタマテリアルにおいては前進が見られる。この素材を使うと、最初の装置はおそらく、レーダー電波や携帯電話の電磁波を曲げるのに使われることになるだろう」
| yamadacomma | Technology | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:00 | - | - |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |









http://yamadacomma.jugem.cc/trackback/7144


    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
次世代広告テクノロジー
次世代広告テクノロジー (JUGEMレビュー »)
織田 浩一,高広 伯彦,須田 伸
民主化するイノベーションの時代
民主化するイノベーションの時代 (JUGEMレビュー »)
エリック・フォン・ヒッペル, サイコム・インターナショナル
プロダクトストラテジー~最強最速の製品戦略
プロダクトストラテジー~最強最速の製品戦略 (JUGEMレビュー »)
マイケル・E・マクグラス, 菅 正雄, 伊藤 武志


View "gVisit" map

blog seo tool : track word
blog SEO tool



このページの先頭へ