やまだ、です。

ナウでヤングなテストちゅう
マーケティングとITのトレンドをクリッピング


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
My Dots for Thursday, March 22, 2007

Quoted: ZohoはZoho Meetingプライベートベータ版をちょうどリリースしたところ。今回リリースされた新オンライン・ミーティング・アプリケーションの新機能にはデスクトップ共有を含む。これは(最近Ciscoに買収された)WebExの重要な機能と重複する機能でもある。
Zoho Meetingは、ミーティング参加の各メンバーが遠隔地からホストのデスクトップを閲覧(ズームイン/ズームアウト可能)できるのに加え、チャット、参加メンバー追加、ホスト宛のメール送信、そして、ミーティング詳細を見られるようになっている。セッションは記録可能だしユーザーによってダウンロードもできる(AVIフォーマット、Flashは近々対応予定)。チャットには、間もなくVOIP機能も備えるZohoチャットが利用されている。つまり、遠隔地からデモを行いたい際には、Zoho Meetingはとても魅力的なチョイスになるだろう。
Flashビューアー利用により、ユーザーはFlash対応の場であればどこでも、例えばウェブサイト上などにミーティングを組み込むことができ、埋め込みコードを含むスライドからZoho Showを見ている大人数の参加者を対象に、ホストが遠隔地からデモを行うことも可能になる。

Quoted: ディー・エヌ・エーは、携帯電話向けのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「モバゲータウン」において、ユーザーが小説や詩などの作品を投稿できるサービス「クリエイター」を開始した。
作者のページには、モバゲータウン内で利用しているアバターのほか、撮影した写真などを掲載可能だ。作品の投稿には、サイト内の投稿フォーム、もしくは携帯電話のメールを利用する。
また、読者は作品に対してコメントや感想を残したり、好きな作家をお気に入り登録したりできる。「独立した投稿コンテンツではなく、SNSと連携させることで、作者と読者の間のコミュニケーションをより活性化させることができる」

[tags: SNS, CGM]

Quoted: ソネットエンタテインメントは、無料SNS開設サービス「So-net SNS」(ベータ版)において、3D仮想空間サービス「Second Life」のAPIを利用し、Second Lifeの地図をSNS内に設置できる機能「SLurl小窓」を追加した。
情報を貼り付けられるのは、日記や日記コメント、コミュニティ、トピックス、自身のプロフィールなど。
SNSの中に、Second Lifeの気になる場所やアピールしたいお店などの位置情報を表示させることで、Second Lifeの仲間たちとバーチャル世界の枠を超えた活発な情報交換を行う“セカンドコミュニケーション”を実現するとしている。

[tags: SNS]

Quoted: ヤフーは、Yahoo! JAPANの新サービス「Yahoo!なんでも交換」を開始したと発表した。
Yahoo!なんでも交換は、ユーザーが「知りたい情報」や「知らせたい情報」を簡単に投稿でき、閲覧者同士でさまざまな取引が気軽に行えるというもの。アメリカで人気のクラシファイド(掲示板や3行広告のようなもの)とコミュニティ要素を融合させた新サービスという。
投稿や閲覧は、「あげます!」「ください!」「お知らせします!」「探しています!」の4つのジャンルごとに行う。この4ジャンルをさらに、「暮らす」「楽しむ」「食べる」「学ぶ」「集まる」の5カテゴリに掘り下げて検索できる。各カテゴリからさらに具体的なキーワード検索をしたり、市区町村や都道府県別などの地域別に投稿・検索することも可能。

[tags: Marketing, CGM]

Quoted: Attention Meterが便利そうだ。
このサイトではAlexa、Compete、Quantcastの機能を一画面にて提供してくれている。
サイト比較も5つまで可能だ。Quantcastにいたっては分析結果を貼り付けることもできる。
http://www.attentionmeter.com/

Quoted: ユーザー認証技術の標準化団体 Liberty Alliance は、ハンドヘルド機やノートパソコン、プリンタ、テレビなどで、ユーザーが ID 情報を管理できる標準仕様案『Advanced Client』を発表した。
Advanced Client は、シングルサインオン、Web サービス利用、認証、ユーザー主導のプロビジョニングといった ID 管理能力を、クライアント機器にも拡げるもので、ID 情報をクライアント機器上に安全に格納し、クライアント機器がネットワークに接続しているか否かにかかわらず、ユーザーが格納した情報にアクセスしたり管理できるようになる。
小売大手 T.J. Maxx を擁する TJX Companies の大規模な情報漏えい事件などをはじめ、ID 詐欺犯罪の増加によって、デジタル消費者の不満が高まり、米国政府としても、オンライン ID の管理に関する法整備に動かざるを得なくなっている。
『OpenID』や Microsoft の『CardSpace』、あるいは Higgins Trust Framework Project が、いずれも Web サイト上の安全な ID 管理に注力する一方、Liberty はクライアント機器という切り口から、ID 詐欺に対する懸念を和らげようと Advanced Client を策定した。
Advanced Client は『Trusted Module』という機能を含んでおり、スマートカードなど不正使用防止メカニズムを通じて ID を発行するプロバイダに代わって、クライアント機器が保証を行使できる。
ほかにも『Service Hosting/Proxying』(SHPS) という機能により、スマートフォンやノートパソコンなどのクライアント機器上で、カレンダ機能や Eコマースのプロフィールといったサービスを運用することができ、デバイスがオンライン状態か否かに関わらず、ユーザーが設定した制御条件に基づくプロキシを通じて、第三者がこれらサービスとやり取りすることが可能となる。
Advanced Client は、Liberty の中核 Web サービス フレームワーク『Identity Web Services Framework 2.0』(ID-WSF 2.0) に依存する関係にある。ID-WSF 2.0 は、Web 標準化団体 World Wide Web Consortium (W3C) の『WS-Addressing』、および標準化団体 OASIS の『WS-Security』という両仕様をサポートしている。

Quoted: インシエメは、仮想世界「Second Life」で生成されるアイテム情報の検索・登録サイト「SLITEM.JP」において、アイテムをSecond Lifeの通貨で決済し、自動的にSecond Life内のアバターへ送付するサービスを開始した。
SLITEM.JPは、Second Life内で自分の作成した洋服・土地・建物・家具などのアイテム情報の紹介や、登録されたアイテムをSecond Life内の通貨である「リンデン・ドル」を使用して取得することができるアイテムモール。無料で利用できる。
従来のサービスでは、アイテムを購入する場合、アイテムを選択後、テレポートボタンを押し、Second Lifeにログインしてから、店を探して購入する、といった手順を踏まなければならなかった。今回の新サービスでは、新規登録の際にSecond Lifeと関連付けることで、サイト上でリンデン・ドルのやりとりが行えるようになり、複雑な手順を踏むことなく買い物ができるようになったという。
SLITEM.JPで商品を選択後、購入ボタンを押すと、リンデン・ドルで決済され、購入した商品が自動的にSecond Life内のアバターへ送られる。売りたいアイテムを登録する場合も、Second Life上で、SLITEM.JPから送ったボード(SLITEM Vender Kit)を貼り付け、価格を設定すれば、SLITEM.JPに自動的に登録される。コピーや改造、転売の可否などの詳細情報も設定できる。
また、新サービス開始に伴い、同社のSecond Life内店舗「SLITEM-shop(megro)」において、アイテム販売ブースを合計47ブース用意し、アイテムの出展希望者へ無料で貸し出すとしている。

[tags: RMT, EC]

Quoted: CNET Japanインシエメは、仮想世界「Second Life」で生成されるアイテム情報の検索・登録サイト「SLITEM.JP」において、アイテムをSecond Lifeの通貨で決済し、自動的にSecond Life内のアバターへ送付するサービスを開始した。 SLITEM.JPは、Second Life内で自分の作成した洋服・土地・建物・家具などのアイテム情報の紹介や、登録されたアイテムをSecond Life内の通貨である「リンデン・ドル」を使用して取得することができるアイテムモール。無料で利用できる。 従来のサービスでは、アイテムを購入する場合、アイテムを選択後、テレポートボタンを押し、Second Lifeにログインしてから、店を探して購入する、といった手順を踏まなければならなかった。今回の新サービスでは、新規登録の際にSecond

Quoted: 検索連動型広告を運用する際、キーワード選びはとても重要だ。誰でもすぐに想起できるような業界を代表するキーワードは検索数が多くなる一方、入札する企業は多くなる。そのため、入札価格がどうしても高騰する傾向にある。
だからこそ、検索数は少ないものの入札社数が少なく、クリック単価の安い隠れたキーワードの発掘が重要になってくるわけだ。
しかし、そうしたキーワードの発掘は、概してオーバーチュアが提供する「キーワードアドバイスツール」を使って行われることが多い。ここで問題なのは、確かに「キーワードアドバイスツール」はキーワードを探すのに便利なツールなのだが、誰もが使っているために、競合も同じ方法でキーワードを探しているということだ。
そこで、今回は人に依存せずにできる一風変わったキーワード発掘法をお教えしたい。それは、直近で検索されているキーワードからインスピレーションを得るという方法だ。
検索ポータルサイトの「エキサイト」では、ユーザーが入力した検索キーワードをほぼリアルタイムで表示する「サーチストリーム」というサービスが提供されている。これは、今まさに検索されているキーワードがフラッシュニュースのように流れるので、それを眺めているだけで、時には「こんなキーワードが…」という思わぬ発見もあるかもしれない。
運営しているサイトが物販サイトであれば、商品検索サイトの「ショッピングサーチ・アラジン」も参考になるだろう。このサイトでは、「サーチストリーム」と同じように、「ライブキーワード」という名で、今だれかが入力しているキーワード60個が5分おきに更新されて表示される。
これらのサービスからキーワードを発掘する方法は、決して効率的とは言いがたいが、そこで検索されるキーワードを眺めるだけでも、ユーザーがいったいどんなキーワードで検索を行っているのかを直感的に理解できるようになるという副次的効果もある。

[tags: Marketing, SEO]

Quoted: ウェブサイトの利用動向を調査するネットレイティングスは3月22日、動画共有サイト「YouTube」の国内家庭からの利用者が1000万人を突破したと発表した。
同社によれば2月時点で利用者が1000万人を超えるドメインは、yahoo.co.jpやrakuten.co.jpなど18サイトしかないという。ページビュー数は約6億2500万PV、1人当たりの月間平均利用時間は1時間15分となった。
YouTubeは2005年12月に正式公開され、2006年夏ごろまで急速に利用者数、ページビュー数が伸びた。2006年12月には増加に勢いがつき、わずかサービス開始から14カ月で1000万人の大台に到達したことになる。ネットレイティングスが2000年に視聴率調査を開始して以来、利用者が 1000万人に到達したサイトとしては最速記録になるという。
「YouTubeブランドは、昨今のニュース報道等で多くの人の認知を得るところとなったが、トップページの利用者はYouTube全訪問者数の2割程度にとどまっている。これはブログやSNSの日記・コミュニティなどのいわゆる CGM(消費者作成コンテンツ)に貼られた膨大な個別映像やURL経由で大半の利用者が流入しているためだ」として、CGMが強力な誘導力を持っていると指摘している。

[tags: Marketing, CGM]

Quoted: Yahooは、携帯電話向けサービス「Yahoo Go for Mobile 2.0」で採用されていたモバイル検索アプリケーション「Yahoo oneSearch」を米国のモバイルウェブ上で利用できるようにしたと発表した。これにより、Yahoo oneSearchは、米国の85%以上の携帯電話とYahoo Go for Mobile 2.0のガンマ版からアクセス可能になったと、プレスリリースには書かれている。
Yahoo oneSearchは、ユーザーが早く目的の情報にたどり着けるように、ニュースヘッドラインや画像、企業リストなどの関連情報を検索結果ページに表示する。たとえば、週末に映画を見たい場合、映画の名前を検索ボックスに入力すると、映画のページがリストされるほかに、レーティングや地元の映画館、映画に関するニュースヘッドラインが同時に表示される。検索結果について詳しく知りたい場合は、情報やカテゴリなどをクリックするだけでよい仕組みになっている。
Yahooは検索シェアにおいて、Googleを追う立場にある。comScore Networksが発表した、米国市場における2月の検索シェアはGoogleが48.1%、Yahooが28.1%となっている。ほとんどの携帯電話にブラウザが搭載されるようになった今、検索企業各社はモバイル検索に注目するようになっており、Yahooもモバイル検索に力を入れることで巻き返しを図っている。Reutersは、このニュースを伝える記事で、ライバルのGoogleより一歩先んじる動きだと述べている。同記事によると、Googleを利用した場合、同じ情報にたどり着くまでにYahoo oneSearchより多くのステップを経る必要があるという。
Yahoo oneSearchは今後数カ月をかけて、他国向けやほかの言語のバージョンが提供される予定。

[tags: Marketing]

Quoted: Frito-Layは、ウェブ上で同社の広告への投票ができるようにしている。
一般消費者が作成した広告の拡大を試みる主要なスナックメーカー数社の1つであるFrito-Layは、同社のチーズ味の「Doritos」ブランドに対する消費者が作成したテレビ広告を募集し、最も優れた作品を「2007 Super Bowl」放映中に放送するというコンテストを開催した。
Frito-Layへの応募総数は1000件以上にも及び、オンラインで公開された応募作品はスーパーボウルの週の間に6億回も視聴され、同コンテストは、多くのニュース報道に取り上げられた。放映中にアナウンサーらがDoritosを実際に食べたテレビニュース番組などもあった。今回のキャンペーンが大成功であったため、Frito-Layは、さらにいくつかのウェブベースの消費者参加型のプロジェクトを実施する計画であるという。 その1つは、新しく2つの味の商品を発表し、どちらをDoritoチップの新商品とするべきかをオンライン投票で決めるものであるという。
「話題を作り、ブランドに対する注目を集めようと努力した」「消費者と消費者のブランドに対する愛着心を大切にし、それを表現する機会を消費者に与えることが成功につながることがわかった」
最優秀作品のコマーシャル「Live the Flavor」の制作費は2.79ドルで、締め切りの2日前に撮影され、コンテスト締め切りの30分前に提出されたという。Super Bowl中に放映された広告「Check Out Girl」は、Super Bowlの翌日YouTubeで85万回視聴された。
「Check Out Girl」を演じた2人の役者はたちまちちょっとした有名人となり、同作品のディレクター兼脚本家にも仕事の依頼が来ているという。

[tags: Marketing, CGM, Social Rating]

Quoted: Googleは新しくPPAまたはペイパーアクション(成果報酬型)広告のテストを開始すると発表した。
PPA広告はクリック詐欺のリスクを軽減する対策として採用されたものだ。これで広告主は顧客がサイトに誘導された上で、さらに商品を購入する、ウェブフォームに記入するなど一定の行動を取ったときに初めて料金を支払えばよい。
CPC広告同様、PPA広告もGoogleにもたらされる利益によってランクづけされる。GoogleはPPA広告主ごとの平均クリック価格を計算するだけでよい。広告単価はこの収益基準に基づいて決定される。
大口広告主はすでにCPC広告の投資利益率(ROI)を細かく計算してきているので、PPA 広告の導入はあまり大きな影響を与えないだろう。が、小規模な広告主に対してはクリック詐欺は破壊的な影響を与えかねない。PPAによってクリック詐欺の危険が大幅に軽減されたので、投資利益率を従来より正確に見積もれるようになった。これは小規模広告主にとっては大きな助けとなるだろう。
アフィリエイト・マーケティングサービスを運営してきた企業、Commission JunctionやLinkShareには大打撃だ。これらネットワークサービス企業では主としてオンライン小売業者相手にCPA(PPA)ベースで広告を販売している。こういった企業の一部はある程度大規模だが、提供するネットワークのサイズではとうていGoogleにかなわない。広告主は大規模なネットワークに誘引される。広告主が増えれば平均広告単価は上昇する。価格が上昇すると広告掲載サイト側でも、さらなる収益を見込んで新しいプラットフォームに集中してくる。大手アフィリエイト・ネットワークに参加している広告主の脱落が深刻化するようなことが起きるかもしれない。この点について議論する場合、 Commission Junctionの親会社、ValueClickの今日の株の株の値動きを観察してみるとよいかもしれない。
PPA広告の導入は全般的にみて、Googleの市場占有率にも長期的な収入の伸びにも好影響を与えるだろう。オンライン広告から詐欺が排除されれば、広告主は投資利益率が改善するので、より多く(より少なくではない)の金を広告に投じるようになる。

今日、Googleは新しくテキストリンク型広告の開始も発表している。
「PPA 広告のうちでテキストリンク型広告というのはどういうものですか?テキストリンクは掲載サイトのページ本文中に、広告文が簡潔なテキストとしてハイパーリンクされているものです。テキストリンクを他のテキストの中にブレンドさせて配置することによって広告の効果をいっそう高めることができます。(リンクの上にマウスを乗せるとGoogleの提供するPPA広告であることを明示して広告が表示されます)。」
今やGoogleの広告は所定の広告欄に閉じ込められていないこととなった。掲載側ではサイトの本文中にさりげなく広告のハイパーリンクをエンベッドすることができる。Googleはこの本文中の広告(advertorial)マーケットには決して足を踏み入れてこなかった。
Googleはここで倫理的に微妙な一線を踏み越えたことになる。もしこのサービスが単独でアナウンスされたのだったらおそらく激しい議論がまき起こっただろう。しかし大ニュースの陰でひっそりと発表されたので、本来ならなされるべきであった批判的な分析の大部分をやりすごすことに成功している。

[tags: Marketing, PPA, CPC]

See the rest of my Dots at Blue Dot

| yamadacomma | - | 16:41 | comments(0) | trackbacks(1) |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:41 | - | - |
| この記事をChoix! | newsing it! | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | はてなブックマーク | イザ!ブックマーク | |
| blog Ranking人気blogRanking | BS blog Ranking | 人気ビジネス・経済BLOG | Best Blog Ranking | MyMiniCity I T S E B |









http://yamadacomma.jugem.cc/trackback/8622
SLサーチ/ページビュー 上昇 ツール/「ページビュー 上昇 ツール」:最新情報
「SLサーチ」では、あなたが入力したキーワード「ページビュー 上昇 ツール」にキーワード「セカンドライフ」または「second life」を掛け合わせて、インターネット上を検索しています。 「ページビュー 上昇 ツール」:最新情報 「ページビュー 上昇 ツ
| SLサーチ | 2009/02/22 11:25 AM |


 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
次世代広告テクノロジー
次世代広告テクノロジー (JUGEMレビュー »)
織田 浩一,高広 伯彦,須田 伸
民主化するイノベーションの時代
民主化するイノベーションの時代 (JUGEMレビュー »)
エリック・フォン・ヒッペル, サイコム・インターナショナル
プロダクトストラテジー~最強最速の製品戦略
プロダクトストラテジー~最強最速の製品戦略 (JUGEMレビュー »)
マイケル・E・マクグラス, 菅 正雄, 伊藤 武志


View "gVisit" map

blog seo tool : track word
blog SEO tool



このページの先頭へ